読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Authoritarian Today

Check the Authoritarianism out through foreign coverage
ロシア ハンガリー アメリカ 日本 ギリシャ イギリス ポーランド

ホワイトハウスへの夢―テッド・クルーズの足跡

(Translated from "CNN", 4th May 2016)

テッド・クルーズ候補は共和党の候補者指名争いを退場した。木曜日に行われたインディアナ州の予備選においてドナルド・トランプ候補に歴史的大敗を喫したためだ。不動産王は、共和党の候補者指名を獲得する夢を現実のものとしつつある。

f:id:nyaku37:20160515000333j:plain

(A picture quoted from original article)

この日は大統領選挙の重要な曲がり角となった。党大会による決選投票は回避された。インディアナ州の投票が締め切られる瞬間まで、クルーズ候補は6月7日のカリフォルニア州選まで戦い続けると強調し続けてきた。さらに、ライバルを「病的なまでの嘘つき」であるとし、大統領にふさわしくないと攻撃していた。

しかし結局、躍進を続けるトランプ候補の勢いとクルーズ候補自身のここ数週間における躓きは、もはや逆転できないほどの差を生んでいた。クルーズ、ケーシックをはじめとする反トランプ連合はトランプ候補が必要とする1,237の代議員の獲得を妨害するために手の込んだ作戦を作り上げたが、その成否は資金と勢い次第だった。木曜日の夜、クルーズはそのどちらも持っていなかったことが明らかになった。

インディアナ州をもって、全て幕引きにしようと思う。全力を尽くしたが、有権者は別の道を選んだ」クルーズ候補は語った。「我が国の将来に対する強い関心と無限の期待ゆえに、我々は選挙から撤退するのだ」

茶会が推薦するクルーズ候補は、かつては南部州を勝ち進み、共和党内のリバタリアン勢力と福音派勢力を統合することを期待されていた。しかし結局は、クルーズ候補はこれらの期待に何一つ応えることができなかった。木曜日の夜、福音派の票はトランプとクルーズにによって二分される形となった。クルーズは有権者の4分の1を占める「レイト・ディサイダー」といわれる有権者から支持を集めたが、十分とはいえなかった。

クルーズの最後の数週間は多忙を極めた。オハイオ州知事のケーシック候補と手を結んだが、この同盟はすぐさま崩壊を見た。キャリー・フィオリーナを副大統領候補に指名したが、通常、指名からほど遠い位置にある候補が共に本戦を戦う副大統領候補を指名することはない。インディアナ州知事は一応、クルーズ候補を推薦した―ただし、トランプ候補にも好意的であった。

クルーズ候補はバスケットボールのゴールの輪を本来の"hoop"ではなく"ring"と呼んだり、応援に駆けつけたフィオリーナ氏が壇上から転落したりしたことで嘲笑の的となりつつあった。

トランプ候補によって粉砕された12の共和党候補と比較して、クルーズ候補がよく戦ったことに変わりはない。ワシントンに対して究極のアウトサイダーとしてのイメージを早くから定着させた。トランプと同じようにワシントンへの反感を追い風にすることで、トランプによる攻撃の主な標的になることを避けた。

しかし、クルーズの戦略はトランプが大統領にふさわしくない言動のために"自滅"することを前提とするものにすぎなかった。

しかし、それは現実にならなかった。

 

クルーズの支持者たちは、クルーズが先週木曜日の記者会見でそうしたように、不動産王を正面から攻撃するのが遅すぎたのではないかとの疑問を抱いている。

印象的な12月中旬のツイートの中で、クルーズは「エスタブリッシュメントは私とトランプの一騎討ちを望んでいる」と述べたうえで、「がっかりさせて申し訳ないが、トランプ候補はひどい」*1としていた。

クルーズが12月にトランプの支持率をわずかに上回ったとき、トランプは批判の矛先をクルーズに向け始め、クルーズは不意打ちを食らわされた形となった。アイオワでは踏みとどまったものの、最終的にはクルーズの防波堤になるはずだった多くの南部州を失う羽目になったからだ。

クルーズは3年前に上院議員に当選したときから、大統領への野望を隠そうとしなかった。しかし、誰がこれほどまでの短期間で駆け上がってくることを予期できただろう。共和党指導部が彼の強硬な姿勢や人目を引く言動に向けてきた敵意を思えばなおさらだ。

クルーズは候補者調整を無視して、火の玉のようにホワイトハウスを目指した。前置きはなかったが、リバティ大学の演壇に立ったときは拍手喝采に包まれた。

f:id:nyaku37:20160515000411j:plain

クルーズの大統領への筋書きは驚くべきものであった。彼の信念によってではなく、フィリバスターを利用した政府機関閉鎖の立役者となることで政治生命を打ち立てた。まさにそのフィリバスター演説によって、彼が2014年中盤の議会選で共和党に歴史的勝利をもたらした、福音派と経済的格差に怒れる群衆との代弁者として立つ意向を示した。さらに、クルーズへのスーパーPACは3,700万ドルを記録し、ジェブ・ブッシュの1億ドルを急激に追い上げつつあった。

クルーズの強固な支持基盤と豊富な選挙資源は、共和党大統領候補選挙の歴史の一ページに刻まれることになるだろう。たしかにクルーズは道半ばで倒れたが、クルーズの批判者でさえも認めているように、彼は未来の大統領候補におけるチャンスに希望を残している。

他の共和党候補と同じように、クルーズもトランプと「遭遇」してしまったに過ぎないのだ。

トランプが2015年中旬に様々な発言によって注目されはじめたとき、クルーズはこの新参者を攻撃しなかった数少ないひとりだった。

その後クルーズは強烈なディベートによって、アイオワのみならず全国で支持を獲得しはじめた。時には共和党候補の同士討ちを仕組んでいるとして司会者を強烈に批判したこともあった。

12月にはトランプも目を付けた。トランプはクルーズの飲酒についての考え方と、信仰の真実性を問題にした。1月には、クルーズがアメリカ人の母を持ちながらもカナダ生まれであることを理由とした強烈な攻撃を開始した。

クルーズは明らかに苛立っていた。腸が煮えくりかえる、との比喩が似つかわしかった。

アイオワ州予備選の直前、クルーズはトランプの保守主義者としての適格性を問題にしていた。一定の効果があったように思われた。アイオワでは小さな勝利を飾り、続く選挙戦への道筋を示した。

ところが、淡い期待はニューハンプシャー州で粉々に打ち砕かれた。ジェブ・ブッシュとマルコ・ルビオには勝ったが、3位に終わってしまった。

そして、南部諸州への足がかりになると位置づけたサウスカロライナ州でも、クルーズは苦戦した。訴求力の限界を見せつけられた。さらに最初のスーパー・チューズデーでも、福音派の支持を固めきれていないことが明らかになった。クルーズの選挙戦にとって最大のカギとなる層さえも引きつけられていないのではないかという疑念が渦巻いた。

木曜日の夜、クルーズは信念ある保守主義に拠って立ち戦ったこれまでの選挙戦に誇りを持っていると語った。これにより共和党統一候補の座をほぼ確実にしたトランプ候補を支持するか否かについては、未だに沈黙を守っている。

 

edition.cnn.com

*1:terrificは「すごい」の意ですが、基本的に好意的な意味でしか用いられません。訳者も意味をつかみかねています